2020年01月14日

ローテーションが大事


筋肉痛を我慢して痛む部分の筋トレを
熱心におこなっている方は多いですが、
痛む時は無理せずに休むべきだと思います左斜め下

【筋肉痛の時にトレーニングはしてよい?】

筋肉痛が出ている間は、
まだ筋繊維の修復が終わっていないです。

なので、トレーニング効果を最大限に出したければ、
筋肉痛が出ている部位ではない、ほかの部位の
トレーニングをしてください!

筋肉痛が残ってるということは、
まだ、修復されてない事があるので、
その場合はしっかり休息してください。

超回復は、だいたい2〜3日と言われてます。
トレーニング強度などにもよりますが、
目安として覚えておいてください。

トレーニング後は、しっかり栄養と
休養をとるようにしましょう!


とのコト。

※↑の引用させて頂いたリンク元のサイトには
健康関連のさまざまな記事が掲載されていますので、
興味のある方は是非ご覧になってください。



年末年始で筋トレを休憩してしまい、
予想以上に正月太りをしてしまった結果、
慌ててトレーニングをしている方も
多いとは思いますがあせあせ(飛び散る汗)

社会人と同じように筋肉にも休憩が必要なので、
ブラック企業のように働きっぱなしにすると、
かえって逆効果になってしまうので、
効果的に休ませてあげたいですよねいい気分(温泉)

筋トレは厳しくおこないつつも、
シッカリ休息を取れるように
鍛える部位を少しずつ変えられるように
メニューを工夫しながら続けたいですよねグッド(上向き矢印)
頑張りましょうひらめき


むち打ち、ストレートネック、
首の痛みや肩こり解消におすすめ
骨盤矯正の秦野カイロプラクティック





ラベル:筋肉 運動
posted by 秦野の整体師 at 23:59| 神奈川 ☁| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。