2019年11月07日

うつむき過ぎないように頑張ろう!


読書やスマホなどは、下を向いて
うつむいた状態になりがちですが、
出来るだけ良い姿勢を保つようにすれば、
首や肩に掛かる負担は驚くほど減るので、
健康維持の為には必須です左斜め下

【スマホの使用でかかる体への影響
 :下を向くほど負荷は大きくなる】


スマホやタブレットは、
人間の体勢を変形させました。
しかも、悪い方に。

脊椎の外科医によると、
うつむいてそうしたデバイスを見ると、
首には約27kgの負荷がかかるそうです。

「The Atlantic」では、デバイスを持って
立った状態でメッセージを読みながら、
8歳児を頭の上に乗せているのと
同じような状態だと指摘しています。


とのコト。

※↑の引用させて頂いたリンク元のサイトには
いい姿勢やスマホの使い方も説明されていますので、
興味のある方は是非ご覧になってください。



立ってうつむき状態なのも
首への負担が大きいですが、
座って腰も背中も丸めて
うつむき状態になってしまうのは、
本当に最悪の姿勢ですよねバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

なのでスマホや読書は、
身体が丸くなったり、
うつむき過ぎないように
格好良い姿勢を心掛けるべきexclamation×2

姿勢を良く保つ為のコツは
背筋を伸ばすというよりも、
胸を開くイメージで首を起こし、
骨盤と肩甲骨を立てることグッド(上向き矢印)

立っている時も座っている時も
体幹の筋肉を適度に使って、
良い姿勢を維持できるように
頑張りましょうひらめき




ストレートネック、巻き肩、猫背を解消
姿勢改善なら骨盤矯正の秦野カイロプラクティック






ラベル:スマホ 姿勢
posted by 秦野の整体師 at 22:09| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。