2018年12月26日

自分を観察しよう


日々の生活の中で悩んでしまうことは沢山あるけれど、
この悩みは自分の“執着”が生み出しているのかも左斜め下

【住職兼医師が教える
「日常のなかの瞑想で脳の疲労を癒せる」】


「基本的には
『今この瞬間に体験していることだけに注意を払う』
『善しあしなどの判断をしない』ことです。

たとえば、何かを『悪い』と判断してしまうと、
その反対の『よい』ものにしがみつこうとする
“執着”が生まれてしまいます。

単純に、生じた感覚を“観察”するだけ。

ひとつひとつの行いから気づきが生じるので、
それを受け入れるのです。
積み重ねていくうちに自然と心に余裕ができ、
脳の疲れも取れていくはずです」


とのコト。

※↑の引用させて頂いたリンク元の記事には
具体的なエクササイズについて説明されていますので、
興味のある方は是非ご覧になってください。



ストレスの原因は自分の身に降りかかる災難や
人間関係であったりしますが、悩んでしまう原因は
問題の良い解決方法が見つからないのに考え続けるから
思考がマイナス方向へ進んでしまうのが原因かと。

台風や地震などの災害そのものを
無くすことが出来ないように、
起きてしまった他人の行動や心理変化なども
元のクリアーな状態には戻せないモノ。

だから理想的なのは起きてしまった災難に対して
それが人災であったとしても天災と同じように
最善と思われる行動をするだけ。

天候を恨んでも元に戻らないように
人を恨んでも元には戻りません。

ただし、身体の傷も心の傷も
時間とともに癒えて行きます。
だから癒す為の最善の行動をするのみ。

脳の疲労を溜め込み過ぎると客観的に
自分や物事を観察するのが難しくなるので
日頃から自分の感覚などを観察するのは
とても大切なことだと思います。

マイナス思考のループにはまりこんで
抜け出せなくなってしまわないように
頑張りましょうひらめき



ひどいぎっくり腰の痛みを解消するなら
骨盤矯正の秦野カイロ治療院





posted by 秦野の整体師 at 23:59| 神奈川 ☁| Comment(0) | こころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。