2018年12月16日

満腹睡眠はやめよう


満腹にならないと眠れない!
という方がいますが、
良質な睡眠と健康維持の為には
夜中の満腹状態は避けるべきです左斜め下

【不眠を解消して、安眠効果を得るための
 大事なポイントとは?!】


消化が悪いものを夜に食べるのは避けましょう。
胃で食べ物が消化されて腸へ送られるまでの時間は、
果物が1〜1.5時間、野菜は2〜2.5時間、
ご飯やパン・麺類で2.5〜3時間です。

揚げ物や肉は、胃の中に4時間以上も残ってしまいます。
質の良い睡眠を求めるなら、夕食は消化の良いものを中心とし、
炭水化物や脂肪分の多いもの、肉などの動物性たんぱく質は
消化に時間がかかるため、控えるようにしましょう。


とのコト。

※↑の引用させて頂いたリンク元の記事には
不眠の方が積極的に摂って欲しい食材や
避けるべき食材について説明されていますので、
興味のある方は是非ご覧になってください。



野生動物ならば滅多に満腹状態になることがなく、
獲物が取れた時に満腹状態で睡眠に入るというのは、
生命維持のための重要な行動ですが、

現代時の場合は食生活が満ち足りた状態にあるので、
毎晩、満腹状態で睡眠状態に入ったのでは確実に
エネルギーオーバーあせあせ(飛び散る汗)

入眠しやすいかも知れませんが、
毎晩満腹状態で眠るのでは胃腸に負担もかかり、
朝の胸焼けや逆流性食道炎の原因になりますし、
肥満や糖尿病へも一直線たらーっ(汗)

慢性的な胃腸の負担は熟睡を妨げて
眠りも浅くなりがちなので、
夜中のドカ食いは止めるべきexclamation×2

どうしてもやめられない方は、
夜中に食べ過ぎない為に夜の食事を
早めの夕食と夜中の少なめの食事の
2回に分けるのもあり。
でも必ず夜中は少なめにexclamation

健康維持と良質な睡眠の為に
食生活が乱れ過ぎないように
頑張りましょうひらめき



姿勢を改善して腰痛解消
首や背中、腰の痛みなら
骨盤矯正の秦野カイロ治療院




ラベル:睡眠
posted by 秦野の整体師 at 23:58| 神奈川 ☀| Comment(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。