2018年08月24日

大きな呼吸と深呼吸は別物!?


思いっきり胸を開いて深呼吸をしているつもりでも、
じつは身体の動きが大きいだけで深く息は入っていないかも左斜め下

【息の仕方が間違っていた……
 では、「正しい深呼吸」って?/呼吸が変わるとラクになる】


今、ためしに深呼吸をしてみてください。
立った状態で、3回ほど。
この時、

・ あごが上を向き、上半身がのけぞる
・ 胸やお腹がお腹が大きくふくらむ
・ 両腕が脇から離れる

そんな動きが出たあなた。
それは深呼吸ではなく「大」呼吸です。
では、今度は、下記の方法で呼吸をしてみてください。

合掌呼吸法

1.優しく前ならえをします。

2.そっと手のひらを合わせ、胸の前で合掌します。
  この時、親指が胸の真ん中につくようにし、
  肘が肩より少し前に出るように。

3.背中側に息を送るように、
  鼻から少しずつ息を入れていきます。

4.吸う息の倍くらいの時間をかけるイメージで、
  口から細く長く優しく、スーッと吐きます。

5回くらい繰り返しましょう。


とのコト。

※↑の引用させて頂いたリンク元の記事には
呼吸と身体の循環について説明されていますので、
興味のある方は是非ご覧になってください。



ダイナミックな動きだけで
深呼吸しているつもりになり
満足してしまっては勿体無いですよねあせあせ(飛び散る汗)

胸を思いっきり張って両腕を開いて
身体をのけ反らせると気持ちは良いですが、
呼吸を深くするには不向きなようです(+o+;)

つまり身体を伸ばす満足感と深呼吸は
別物と考えた方が頭が切り換えやすいかと。

大呼吸ではなく深呼吸を出来るようにして
疲れや緊張に負けない身体作りを目指して
頑張りましょうひらめき



ひどい寝違えの痛みを解消するなら
骨盤矯正の秦野カイロ治療院





ラベル:呼吸
posted by 秦野の整体師 at 23:59| 神奈川 ☁| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。