2018年04月17日

運動時も姿勢が大事


現代の生活はスマホやテレビ、ソファなど
不良姿勢の原因となるモノであふれているので、
歩いたり運動したりしている時の姿勢も
鏡やビデオなどを使い客観的にチェックしないと
思ったよりもずっと悪い姿勢になっているかも?です左斜め下

【エクササイズの効果がイマイチ。
 そんな時は「○○」を見直す!】


崩れたNG姿勢のままでは、関節の可動域が狭まり、
筋肉の動きが小さくなってしまいます。

また、力もきちんと入らないので、
本来与えたい負荷が筋肉に的確にかかりません。
当然、運動の効果は減少します。

更に負荷をかける角度がずれることで、
メインに使う筋肉も変わっていきます。
狙った筋肉に届く姿勢を維持するようにしましょう。

ストレッチ・ウォーキング・筋トレ、
全てのエクササイズの基本となるのは「姿勢」です。

夢中になって頑張っているうちに、
動きの順番や強度・目標回数といったことに
気を取られてしまい、大切な姿勢を正しく保つことを
つい忘れがちになります。

姿勢の崩れは効果の減少やケガの元にもなるので、
大きな鏡で毎日チェックしましょう。


とのコト。

※↑の引用させて頂いたリンク元のサイトには
さまざまな記事が掲載されていますので、
興味のある方は是非ご覧になってください。



立っている時や座っている時は
姿勢を意識しやすいですが、
運動している時は身体を動かすだけで
頭が一杯になってしまい、姿勢を意識する
余裕がなくなってしまうパターンになりがちあせあせ(飛び散る汗)

でも運動中、客観的に自分の姿勢を
観察するコトが出来れば、
身体の使い方を意識するコトになり、
使っている筋肉や関節の動かし方も変わり、
より効果的に身体を動かすコトに繋がりますよねグッド(上向き矢印)

運動中も冷静に自分の姿勢を観察して
運動効果を最大限に生かせるように
頑張りましょうひらめき







姿勢を改善して腰痛解消
首や背中、腰の痛みなら
骨盤矯正の秦野カイロ治療院





ラベル:姿勢
posted by 秦野の整体師 at 23:59| 神奈川 ☁| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。