2018年02月19日

免疫の加齢が問題!?


がん細胞が発生したとしても
その増殖を抑えるコトが出来れば
何も問題は起こらない訳なので、
がん予防で一番大事なのは
やっぱり免疫系というコトになるのかな左斜め下

【がんリスク増加の真犯人は免疫系の加齢?】

免疫系の加齢の主な原因は、
胸腺退縮(胸腺の委縮)である。
胸腺では、T細胞が産生される。
T細胞は、身体を循環して、
機能不全の細胞または外来物質を死滅させる。

胸腺退縮は1歳前後から始まり、
胸腺は16年で大きさが約半分になり、
それに応じてT細胞の産生が低下する。

研究者らは、特定のがんの可能性が増加することと
新たなT細胞の数が減少することには、
非常に強い相関があることを見出した。

研究チームが考えたモデルでは、
T細胞とがん細胞との戦いを想定している。

この戦いでは、がん細胞が
一定の閾値を超えて増殖すれば、
がん細胞が勝つことになるが、
この閾値はT細胞が産生される量に比例して
年齢とともに低下するものと考えた。

そして、このように考えると、
がん発生率のデータの多くを説明できるという。


とのコト。

※↑の引用させて頂いたリンク元のサイトには
健康関連の記事が多数掲載されていますので、
興味のある方は是非ご覧になってください。



畑に作物以外の雑草が生えたら抜くように、
がんも発生したら免疫系が適切に対処出来れば、
身体は健康な状態を保っていけますよね。

今後、免疫系の加齢をどう防ぎ、
ガンを予防していくのか、
研究が進んで行くコトを願いますひらめき




膝の痛み、足の付け根の痛み、
股関節痛の解消なら秦野カイロ治療院




ラベル:老化
posted by 秦野の整体師 at 23:59| 神奈川 ☁| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。