2018年01月06日

お粥を食べて温まろう


芹、薺、御行、繁縷、仏の座、菘、蘿蔔と
漢字で書かれてしまうとピンときませんよね(^_^;)左斜め下

【一年で最初にやってくる大切な節供
 「人日」と七草粥の由来】


お正月や節分、雛祭りなど、
数々の伝統的な年中行事が行われている日本。
その中でも、江戸時代に特に大切な公式行事として
定められたのが人日(じんじつ、と読みます)、
上巳(雛祭り)、端午、七夕、重陽の「五節句」です。

節句というと雛祭りや端午の節句
(子供の日)がよく知られていますが、
5つの節句のうち、1年の最初を飾るのが1月7日の人日です。

古来、中国では正月一日を鶏、二日を犬、三日を猪(豚)、
四日を羊、五日を牛、六日を馬、七日を人の日とし、
一日から六日にはそれぞれの日の動物を殺さず、
七日には罪人の刑罰は執行しないとされていました。
これが人日の由来です。

人日には七種の植物を入れた吸物を食べる風習があり、
それが平安時代頃に日本にも伝わり、
七種の穀物で作る粥を食して一年の豊作と
無病息災を祈る行事となりました。

この七穀粥が、それ以前から日本にある
年明け最初の子(ね、十二支の最初)の日に
若菜を摘む風習と結びつき、
七種の若菜を入れた粥を食する節句となったと言われています。


とのコト。

※↑の引用させて頂いたリンク元の記事には
若菜摘みや白馬節会についても書かれていますので、
興味のある方は是非ご覧になってください。



ちなみに旧暦の1月7日は今年の2月22日。
でも記事を読んでいたら頭の中がお粥モードに
なってしまい今はとにかくお粥が食べたい気分いい気分(温泉)

年末年始で疲れてしまった胃腸をリセットする為にも
明日は温かいのお粥で身体を少し休憩させたいな。
あと梅干しも欲しいかも(笑)

無病息災の願いも込めて
明日は美味しく七草粥をいただこうっとひらめき





秦野市のマタニティ整体、
産後の骨盤矯正なら
秦野カイロ治療院




posted by 秦野の整体師 at 23:57| 神奈川 | Comment(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。