2017年11月18日

スケソウダラじゃなくて介党鱈(スケトウダラ)!?


かまぼこの原料として有名なスケトウダラは
戦後、NHKのラジオ放送が原因で
スケソウダラと呼ばれ始めたらしいですが、

このスケトウダラを毎日食べていれば、
筋トレをしなくても筋肉量が増えるexclamation&questionという
チョッと疑いたくなってしまうような研究結果(@_@;)左斜め下

【白身魚を食べただけで筋肉が増大する
 タンパク質の王者「卵」以上の効果】


女性たちに、スケソウダラの魚肉ミンチ4.5グラム入りの
レトルトスープを毎日飲むことを加えるだけで、
運動などは特に行わずに、通常の生活を3か月送ってもらった。

その結果、全身の筋肉量が19人中15人で増加した。
19人の平均値も0.4ポイント(1年間でならすと1.2ポイント増)と
統計的に有意に増加が確認された。何もしないのに、
減るはずの筋肉量が増えたわけだ。

次に、愛媛大学の岸田太郎教授(栄養科学)が、
筋肉量を増やしたタンパク質の有効成分について発表を行なった。
ラットにスケソウダラの魚肉を与える実験を行なったところ、
ミオシンを多く含む部分の筋肉量が増加することを確認した。
ミオシンは筋肉を素早く収縮させるタンパク質だ。

筋肉には「速筋」(そっきん)と「遅筋」(ちきん)があり、
この2種類の筋繊維が混ざり合って筋肉を構成している。
速筋は、瞬間的に大きな力を出す筋肉で、
短距離走やウエイトリフティングなどで活躍する。
一方、遅筋はマラソンなどの持久力が必要な時に活躍する。
ミオシンは速筋にかかわるタンパク質だ。


とのコト。

※↑のリンク元の記事には
スケトウダラと筋肉増大効果について
その他の研究も書かれていますので、
興味のある方は是非ご覧になってください。



もちろん運動により筋肉に刺激を与えれば
より効果は高まるはずなので、
スケトウダラを食べるだけではなく
積極的に運動も取り入れたいですよね(^O^)/

ちなみに体重60キロの人だと1日に12グラムほどの
スケトウダラを食べれば良いそうですが、
気になるのはスケトウダラ以外の白身魚でも
同じように筋肉増大効果があるのか?というところexclamation&question

でも、研究しているのが水産食品で有名なニッスイと
大学との共同研究だから魚肉練り製品の原料として
代表的なスケトウダラが選ばれたと思うので、
他の白身魚でも大丈夫だと思うのですが、
心配な場合は魚肉の割合が多めのかまぼこや
魚肉練り製品などを食べれば良いかと。

ただ、自分的には効果がどうかという問題よりも
とにかく美味しいタラ鍋が食べたいるんるん
そして頑張って筋トレグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

今年の冬は白身魚と筋トレのセットで
マッチョボディを目指して頑張りましょうひらめき




むち打ち、寝違え、頸椎ヘルニア、
首の痛みの解消なら秦野カイロ治療院




posted by 秦野の整体師 at 22:30| 神奈川 ☁| Comment(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。