2017年06月15日

必要以上は逆効果


顔の油分や汚れが気になり過ぎる方は、
必要以上に多く洗顔をしてしまい、
皮膚にダメージを与えてしまいがちですよね左斜め下

【「洗い過ぎ」がシワや敏感肌の原因!
 「界面活性剤」が皮膚のバリア機能に悪影響を】


クレンジング剤・洗顔料・乳液・クリームに
共通して含まれているのが「界面活性剤」である。
界面活性剤は水と油をなじみやすくする物質だが、
池田医師によると「皮膚のバリア機能」に
悪影響を及ぼしているのが、それだ。

「私たちの皮膚の表面は、皮脂と汗が
混じり合ってできた皮脂膜で覆われています。
皮脂膜は角質層を守っているのですが、
界面活性剤が作用すると皮脂が角質層から落ちていき、
皮脂膜が形成されにくくなります。
角質層に含まれている保湿成分も同様に、
界面活性剤で洗い流されてしまうのです」

加えて、界面活性剤で皮脂が取り除かれると、
皮膚に有用な働きをしている「皮膚常在菌」の
バランスを崩れるという。

「皮膚常在菌は皮脂膜に存在し、
皮脂を栄養源にして生きています。
皮脂が失われて皮膚常在菌が不足すると、
ニキビなどが起こりやすくなります」

池田医師は、皮膚が本来持っている
機能や美しさを大事にするために、
洗顔は1日2回以下にとどめ、
洗顔料や石けんなどを使わずに
水かぬるま湯だけで行うように指導している。


とのコト。

※↑のリンク元の記事には皮膚の仕組みや
バリア機能についても書かれていますので、
興味のある方は是非ご覧になってください。



洗顔しすぎの方は大抵の場合、
敏感肌タイプとか混合肌タイプと
いわれるコトが多いですが、

そもそも洗顔のしすぎで皮膚を守るものが
なくなってしまい皮膚が敏感になったり、
洗顔でカサカサになってしまった皮膚が
自己防衛しようとして、油分を必死に出す為、
無防備でカサカサになってしまった部分と
油分で守られている部分に差が出るから
混合肌といわれるような状態になるので、

どこかで洗顔をセーブしてあげないと、
悪化してしまいますよねあせあせ(飛び散る汗)

何事もやり過ぎには注意が必要exclamation
自分の本来持っている機能を信じて
気を付けましょうひらめき



姿勢改善、猫背を解消するなら
骨盤矯正の秦野カイロ治療院!


posted by 秦野の整体師 at 09:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。