2017年04月14日

TPOにあわせて朝活をしよう


健康な方でも生理現象として
午後2時頃には眠気を感じるそうですが、
生活習慣によっては昼過ぎの眠気が
さらに強くなってしまうそうです左斜め下

【「14時頃に眠くなる人」が知らない睡魔の正体】

朝に入浴する人もいると思いますが、
長い「朝風呂」はおすすめできません。

「お風呂に入って体温を上げると活動モードに
なるからいいのでは?」とよくいわれるのですが、
体温は大きく上がるとより下がろうとする性質があります。

15分ほど朝入浴してしまうと、
しばらくすると体温が下がって眠くなるのです。
なので、朝お風呂に入るならシャワーをおすすめします。

さらに、「体温が急激に上がると、
その後下がって眠くなる」ことを踏まえると、
朝活ではやっている「ランニング」も注意が必要です。

「汗だく」になるくらい走ってしまうと体温が上がりすぎて、
その後元の体温より下がって眠気がやってきやすくなります。

もし、ランニングを日課としていて
日中眠くなることで悩んでいる人は、
「早足のウォーキング」に切り替えるなどして、
体温が上がりすぎないようにしていただければ、と思います。


とのコト。

※↑のリンク先の記事には眠気と
その対策についても書かれていますので、
興味のある方は是非ご覧になってください。



眠気予防の為に一番大事なのは
夜間の充実した睡眠ですが、
睡眠がシッカリと足りていても、
体温の急激な変化は眠気を生じさせるそうなので、

大事な仕事などがある場合は
朝の運動や入浴は軽めにした方が良いかと。

もちろん、ハードに朝の運動をおこない、
その後にゆっくりと入浴をしても、
昼間に仮眠できる時間や環境を整えられればOK。

自分の生活にあう方法で
頑張りましょうひらめき



寝違え解消、ムチウチ改善!
首や背中の痛みなら秦野カイロ治療院



タグ:睡眠
posted by 秦野の整体師 at 20:00| 神奈川 | Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。