2017年03月20日

脳の為にも飲まれるな(@_@;)


酒は適量なら百薬の長ですが、
大量の飲酒は蓄積毒なります((+_+))左斜め下

【お酒を飲むと脳が縮む では休肝日を設ければ大丈夫?】

最近では、飲酒量と脳の萎縮の程度は正の相関にあり、
飲酒歴が長い人ほど進行が早いとの研究も
発表されているのだそうです。

「脳の萎縮には、“休肝日”の有無など飲酒の頻度や、
蒸留酒、醸造酒といった酒の種類とは関係がなく、
『生涯のうちに飲むアルコールの総量』が
強く影響していると考えられており、つまり、
酒を飲めば飲むほど萎縮が早く進むということです」


とのコト。

長くお酒を楽しむ為には、
「もう少し飲みたいな」という所で
止めるコトが大事あせあせ(飛び散る汗)

特にアルコールの影響を脳に感じたら要注意exclamation×2
例を挙げると、

やたら声が大きくなったり、
普段なら喋らないような内容を話し出したら
思考や理性、意欲を司る
前頭葉の麻痺が始まっていますたらーっ(汗)

同じ会話を何度も繰り返したら
短期記憶を司る海馬の麻痺が始まっていますたらーっ(汗)

千鳥足になったら平衡感覚を司る
小脳の麻痺が始まっていますたらーっ(汗)

これらの症状が出始めたら、
脳にアルコールの悪影響が出ていると考えて、
「この位で止めておこうかな」というように
頑張りましょうひらめき




背骨の歪み、側彎解消、猫背を伸ばしたいなら
姿勢矯正、骨盤矯正の秦野カイロ治療院!




タグ:アルコール
posted by 秦野の整体師 at 19:30| 神奈川 | Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。