2017年03月16日

耳は年中無休で働いている


高齢者の数が増えていけば、
耳が遠い方が増えるのは当然ですが、
20代の若い方でも大音量で音楽を聴いたり、
日常生活での騒音により騒音性難聴になる可能性があり、
今後、その数をさらに増やす傾向にあるようです左斜め下

【米国、2060年までに難聴者数が倍増】

20歳代の若年層でも日常生活での騒音が原因で
難聴となる例が存在するといった「騒音性難聴」の
実態を明らかにした研究結果が発表された。

同研究では、2012年の米国民保健栄養調査
(NHANES )のデータを分析した結果、
20〜69歳の米国民の騒音性難聴の有病率は24%で、
その有病率は高齢になるほど高まることが示されたが、
20〜29歳でも19.2%のを占めていることが示されたという。

さらに、騒音を伴う職業に従事していない人でも
5人に1人に、また自身の聴力について
「良好」あるいは「極めて良好」と回答した成人でも
4人に1人が騒音性難聴があることが明らかになった。

ただし、今回の調査では、騒音が原因ではない難聴も
含まれている可能性は否定できないとしている。


とのコト。

研究は米国のモノだけど日本でも
ウォークマンやカーステレオ、コンサート等で
耳を酷使してきた世代が老化すれば、
難聴の割合はさらに増えるだろうから、
ほぼ同じような結果になるのではないかと。

視力が落ちるとメガネやコンタクトをしなければ、
モノがハッキリ見えなくなるから意識しやすいですが、
聴力はテレビや音楽の音量を上げれば聞こえるから、
初期段階では意識しにくいですよねあせあせ(飛び散る汗)

出来るだけ長く良い状態で聴力を保つ為にも、
あまり騒がしい状況にいるコトを避けたり、
音楽を聴く時には程度な音量を意識して、
そしてたまには静かな空間に身を置いて
耳を休憩させてあげるコトも大事いい気分(温泉)

聞こえが悪くなって後悔しない為にも、
耳を酷使しすぎないように
気を付けましょうひらめき




スマホ巻き肩、スマホ首解消!
姿勢矯正なら秦野カイロ治療院




posted by 秦野の整体師 at 21:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。