2017年02月04日

適正な労働時間の定義は難しい


オーストラリアの研究では、
健康を損なわずに生活する為には
週に39時間以上働かない方が良いそうです左斜め下

【健康を損なわずに一週間に何時間働くことができるか?】

専門家らは、健康な生活を送るためには、
一週の間に39時間以上働かないよう勧告している。

もしそれ以上働いた場合、
オーストラリア国立大学によれば、
労働者の心理的肉体的状態に変調をもたらす。

人は、しかるべき注意を自分自身、
とりわけ栄養や衛生上の問題に
割かなくてはならない、とのことだ。

なお学者グループは、8千人以上の
オーストラリア人の労働時間や
彼らの健康状態を調査、分析し、
そうした結論を下した。


とのコト。

1週間に5日間働くと1日8時間で
週に40時間だから残業無しでもNGあせあせ(飛び散る汗)

週に39時間までというのは
チョッと厳しい気もするけど、
労働と一口に言ってもイロイロで、

誰ともしゃべらず、ただひたすら機械と
にらめっこするような単調労働ならば、
1日8時間でもスグに辛くなってしまうかもバッド(下向き矢印)

逆に常に他人と会話をしながら、
環境がいろいろ変るような仕事なら、
時間が過ぎるのが早く感じて、
無理なく仕事がこなせそうですよねグッド(上向き矢印)

労働の質によって精神的な負担の量も
変わるから一概には言えないけど、
逆に言えば精神負担の多い仕事は
出来るだけ労働時間を減らすべき。

だから大事なのは仕事の精神負担を
計測する為の基準作りなのだけれども、
なかなか難しそう(^_^;)

なので精神負担を減らす為に、
まずは単調作業をロボットに
任せるコトから始まるんだろうけど、

仕事による精神負担というのは
単調作業からくるモノだけではないから、
ロボット化しただけでは解決出来ませんよね。

人間が人間らしく働くというのは、
簡単なようでいて、とても難しくて、
考え出すといろいろ悩んでしまうたらーっ(汗)

今はただ、労働により精神が疲弊するのではなく、
精神的に充実感を味わえるような仕事に
いつか子供達が巡りあって行くことを願いますひらめき



寝違えやムチウチによる
首の痛みを解消するなら秦野治療院!




posted by 秦野の整体師 at 23:36| 神奈川 ☀| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。