2017年01月06日

血液検査でうつ病発見!?


近い内に血液検査でうつ病の重症度が
判断できるようになるようです左斜め下

【採血で分かる「死にたい気持ち」】

九州大学、大阪大学、国立精神・神経センター神経研究所の
3施設のうつ病や躁うつ病患者90人から採血を行い、
微量の血液成分から数多くの代謝物を計測できる
メタボローム解析により、
うつ病重症度に関連する血中代謝物を発見した。

3つの医療研究機関それぞれの患者において、
血中代謝物と抑うつ重症度の関係性を調べたところ、
抑うつ重症度に関連する血中代謝物を20種類に定めた。

特に、3-ヒドロキシ酪酸、ベタイン、クエン酸、
クレアチニン、γ-アミノ酪酸(GABA)の5つの代謝物は
抑うつ重症度に強く関連することが分かった。

3-ヒドロキシ酪酸は、血中にある代謝産物で、ケトン体の1つ、
絶食・飢餓時にエネルギー源が枯渇すると肝臓で作られ、
脳のエネルギー源として使われる。

さらに、抑うつ気分、罪悪感、死にたい気持ち(自殺念慮)など
それぞれの症状によって関連する代謝物が異なることを発見した。


とのコト。

うつ病の判断が血液検査で出来るようになれば、
早期の発見が出来るだけでなく、
薬や治療の効果が出ているかどうかの判断を
客観的に下すコトが出来るので、

無駄な治療を省いて、
より効果的な治療法を選べるので、
結果的に改善スピードも上がりそうだし、グッド(上向き矢印)

本人だけでなく、身の周りの方への
うつ病への理解と認識も
深まるキッカケになると思うので、
とにかく早く進んでほしい研究exclamation

うつ病の研究がもっともっと進んで、
簡単に治せる病気になるコトを願いますひらめき



ギックリ腰の痛みを解消!
骨盤矯正の秦野カイロ治療院




posted by 秦野の整体師 at 22:37| 神奈川 ☀| Comment(0) | こころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。