2016年12月19日

ドライブの前には十分な睡眠を!


睡眠不足による交通事故リスクは
飲酒運転による交通事故リスクと同程度だそうです左斜め下

【2〜3時間の睡眠不足で交通事故リスクは約4倍に】

5〜6時間の睡眠しか取らなかった運転者は
交通事故のリスクが約2倍に、

睡眠時間4〜5時間の運転者は
交通事故リスクが4倍以上にも上ることが、
米自動車協会交通安全財団の研究で明らかになりました。

研究は、2005〜2007年に発生した交通事故4,571件に
関与した運転者7,234人と睡眠時間の関係を分析。

睡眠時間が過去24時間で6〜7時間だと、
睡眠時間7時間以上の運転者と比べて事故リスクは1.3倍、

5〜6時間だと1.9倍、4〜5時間だと4.3倍、
4時間以下だと11.5倍にもなりました。

このリスクのレベルは、米幹線道路交通安全局が公表している
飲酒運転が引き起こす交通事故のリスクと同程度だということです。


とのコト。

年末に帰省する方も多いと思いますが、
長距離のドライブの予定がある前日の
睡眠時間は最低でも7時間は欲しいデスよねあせあせ(飛び散る汗)

もしも忙しすぎて十分な睡眠がとれなかった場合は、
安全の為にこまめに20分程度の仮眠の時間を
サービスエリアなどでとるようにするべきexclamation

たとえ睡眠時間が十分であったとしても、
少しでも眠気を感じたならば、

運転中、本格的な眠気に襲われる前に
早め早めの休憩を心掛けて、
楽しく安全なドライブを楽しめるように
頑張りましょうひらめき




ギックリ腰の痛みを解消!
骨盤矯正の秦野カイロ治療院!





タグ:睡眠
posted by 秦野の整体師 at 23:09| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。