2016年11月03日

まずは睡眠問題から解決するべき?


最近急激に増えている発達障害の原因は、
遺伝的なモノだけではなく、環境的な原因も
加わっているからと考えられているそうデス左斜め下

【原因は睡眠不足?増える発達障害の子どもたち】

自閉症やアスペルガー症候群などの広汎性発達障害(PDD)や
注意欠如・多動性障害(ADHD)などの発達障害があるとされ、
特別な支援を受けながら学校へ通う子どもたちは年々増えている。

発達障害は「生まれつきのもの」だとされてきた。
しかし、睡眠との関連を指摘する専門家もいる。

国立精神・神経医療研究センター病院などの研究チームの報告でも、
PDDと診断された子どもたちは「なかなか就床しない」「入眠できない」
「夜中に起きて騒ぐ」「ちょっとしたことで起きてしまう」などの
睡眠に問題があると指摘されている。

PDDで睡眠に問題がある子どもの割合は、
研究によって30%とも90%とも報告されていて幅はあるものの、
健常児に比べて高い割合で睡眠の問題を抱えていることは
間違いないと結論付けている。

ADHDも高い割合で睡眠に問題があり、
睡眠障害が多動を悪化させているのではないかと指摘されている。


とのコト。

生物が成長する為に必要な要素といえば、
最低でも「食べる」「動く」「寝る」の
3つは欠かせないと思います。

なので3つの内どれが欠けても、
成長過程において何かしらの問題が起きるかと。

深夜でも街は明るく、テレビ番組も放送していて、
PCやスマホを使えば、24時間誰とでも
連絡が取れるようになったのは、ごく最近のコト。

この生活リズムの急速過ぎる変化に、
世代交代のすら出来ていないのだから、
人間の身体の進化スピードが到底追いつけるはずもなくあせあせ(飛び散る汗)
ただただ、振り回されるばかりですが、

それでも知恵を使って、生活リズムを取り戻し、
子供の睡眠環境を何とかして守っていきたいですよねグッド(上向き矢印)

騒音や明かりは工夫次第で調節できますし、
食事や運動などでリズムの調節も可能。
不安感を取り除き、安心感を得る為には、
親が添い寝したり、絵本を読んだりすれば、
ある程度は得るコトが可能かと。

現代の生活に抗うのは、
非常に困難かも知れませんが、
出来る限り頑張りましょうひらめき



秦野でギックリ腰を解消するなら
骨盤矯正の秦野カイロ整体院!




posted by 秦野の整体師 at 22:13| 神奈川 ☁| Comment(0) | こころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。