2016年08月03日

ゴロゴロッと聞こえたら要注意!!


日本での落雷による被害者は平均して年間20人位だそうですが、
その内、7割程度の方が亡くなってしまうそうです左斜め下

【雷に打たれたらどうなるか―落雷の影響と対策】

万一人間の身体に雷が落ちてしまった場合、
「1000分の1秒」というごく短時間に体内に大量の電気が流れます。
数字が大きすぎてイメージしにくいかもしれませんので、
先に身近な例を挙げましょう。

最も身近な電気の痛みとしては、
静電気でピリッと痛みを感じる電圧が約3キロボルト程度です。
もっと大きな電圧で、手全体を強打したくらいの痛みを
感じる場合は12キロボルトほどと言われています。

これに対して落雷を受けた場合に流れるのは
電圧にして200万〜1億ボルト、
電流にして1000〜20万アンペアという巨大な電気です。
心臓や脳が感電、つまりショートしてしまうと、
この打撃のために死亡してしまうことがあるのです。

落雷は一瞬の出来事です。落雷直後の被害者の体は
すでに電気を帯びていることはないので、
直ちに安全に応急処置をすることができます。

もし意識がなく心肺が止まっているような場合は、
ただちに心肺蘇生を開始します。もしAEDがあれば使用し、
救急隊を呼んでください。

心拍や呼吸が再開したら、やけどやその他の治療へと進みます。
これらは主に病院での治療になるでしょう。

落雷はどこでも起こりうることなので、最大の自衛手段は、
「雷注意報が出ている時には、屋外に出ない」これがベストです。

もしも雷が聞こえたらすでに危険な状態になっているため、
大きな建物や、クルマなどの完全に閉鎖された
金属製の乗り物などに避難すると安全です。
展望台のように開放部がある構造の避難所は安全とはいえません。
雷鳴や稲妻が消えても30分間は野外活動を再開しないのが賢明です。


とのコト。

とにかく、雷のエネルギーの大きさにビックリexclamation×2
こんな巨大なエネルギーでは生き残る方が
むしろ奇跡なんじゃないかと思ってしまうくらいたらーっ(汗)

もちろん、落雷の被害に遭ってしまった場合には、
心肺蘇生がなにより大事ですが、
一番良いのは被害に遭わないことだから、やっぱり
危ない時には屋外に出ないというのが何より重要かと。

雷の音がゴロゴロ聞こえたら
出来るだけ屋内に避難するように心がけましょうひらめき



姿勢改善、猫背を解消するなら
骨盤矯正の秦野カイロ治療院!




posted by 秦野の整体師 at 22:58| 神奈川 ☁| Comment(0) | 防災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。