2016年04月16日

「備え」に備え過ぎはありません


深夜から何度もスマホの防災アラートが鳴り続け、
あまりの余震の多さと被害の深刻さに改めて、
日頃から防災意識を高く持つコトの重要さを感じました左斜め下

【平成28年熊本地震から一夜が開け、被害が懸念されるなか、
 皆さんも防災グッズを再度見直しませんか】


‖家族で共有しておきたい「約策の連絡先」と「約束の場所」

●『約束の連絡先』は例えば……
「緊急時に家族が離ればなれになってしまったら、
お互いを捜しあう前に、まず県外に住むおじいちゃんの家に
無事であることを連絡する」と、あらかじめ家族で約束しておく。

●『約束の場所』は例えば……
「災害に遭ったら、平地の◯◯公園や
◯◯学校の◯◯付近で落ち合う」というルールを、
家族全員で共有しておくとよいでしょう。
高層ビル付近やブロック塀、河川付近の通路を通らなくても
(地震などの揺れで倒壊している場合があるため)
安全に行ける場所を「約束の場所」に定めておきましょう。

‖災害直後の「薬不足」を想定しておこう

●薬は常に1週間程度の予備をカバンの中などに入れ、
 外出時に数日分の薬を持ち歩く。

●あわせて、「密封可能なストックバッグ」に入れ、
 自宅のすぐ持ち出せる場所に保管しておく。

●有効期限が短い処方薬は、保管箱や
 非常用持ち出し袋に入れたままにせず、
 毎回処方してもらうたびに予備薬を入れ替える。
 市販薬も有効期限をチェックしておく。

●「お薬手帳」をすぐに持ち出せる場所に保管し、
 外出時も予備薬と一緒に持ち歩く。

‖火急の事態に備える「保存アイディア」

震災直後の停電などで
バッテリーがなくなってしまった場合を想定し、
家族の携帯番号のメモや、遠い地域に住む
親戚や友人の電話番号を記した小さなリストを、
かばんや財布の中に忍ばせておくのも手です。

また、震災時には品薄になる可能性が高い
「トイレットペーパー」も忘れてはならない重要アイテムですし、
震災時に一番役立ったと言われているのが
「ウェットティッシュ」でした。
幼児や妊婦、高齢者や要介護者がいる場合は「おむつ」、
女性マストアイテム「生理用品」も防災グッズに加えたい一品。
ペットがいる場合は、その子たちの分も忘れずに。

さらに、「カセット式コンロ」と「カセットボンベ」。
カセットボンベは多めに買い置きして備えておくと、
停電時にも対応できて便利です。


とのコト。

サランラップやアルミホイルなども
常備しておきたいですよねexclamation

特にサランラップは絆創膏や手で押さえても
出血が止まらないような怪我をしてしまった場合、
その場しのぎではありますが、腕や足、
腹部であってもグルグルと巻けば止血にも使えます。

防災用品をそろえる時には、
何かあった場合を想定しながら、
使い方やしまった場所を忘れないように
取り出しやすい場所に置いておくよう心がけましょうひらめき



坐骨神経痛、椎間板ヘルニアなら
秦野の骨盤矯正の整体院!




posted by 秦野の整体師 at 23:02| 神奈川 ☁| Comment(0) | 防災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。