2014年03月01日

春がすみ。風流だけど、、、


昨日は猛烈な花粉襲来により
完全にノックアウト((*д*;))

ようやく雪が解けたかなと思ったら
突然、花粉が来るとは、、、

すっかり油断していましたたらーっ(汗)

でも、今日は体調も
だいぶ回復したので、
一安心なのですが、

春の敵は花粉だけでは
ないので油断は禁物デス左斜め下

【黄砂はなぜ春に起こる? 「微生物の箱船」との指摘も】

英語では「アジアン・ダスト」
(Asian dust)と呼ばれる黄砂は、
1年のうちでもこれから3〜5月がピークだ。

これらの黄砂の粒子には、
石英や長石などの岩石の鉱物や、
雲母や緑泥石などの粘土鉱物が多く含まれ、

全体の62%は二酸化ケイ素(SiO2)が成分だ。

二酸化ケイ素には
アレルギー反応を高める作用があり、

黄砂現象の発生時には、
花粉症や気管支ぜん息の症状が悪化し、
小児ぜん息で入院するリスクが高くなる。

さらに、黄砂粒子からは、
アンモニウムイオンや硫酸イオン、
硝酸イオンなどの大気汚染物質も検出されており、

輸送途中で人為起源の物質を、
取り込んでいることが分かってきた。

また、国内外の研究者らは、
カビや酵母、土壌に生息する枯草菌、

肺の化膿性炎症を起こす細菌類も、
黄砂粒子に付着していることを明らかにしている。


とのコト。

「黄砂は微生物を運ぶ箱船」ってたらーっ(汗)
聞こえはいいけど、被害は甚大かも(ーー;)

花粉に黄砂にPM2.5と
色々ありマスがあせあせ(飛び散る汗)

負けないように
腸内に善玉菌を増やして頑張るぞ〜ひらめき



肩こり腰痛の整体院。
秦野市の骨盤矯正ならお任せ下さい!


ラベル:花粉症
posted by 秦野の整体師 at 20:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。