2014年02月01日

ホップってスゴイかも!


アルツハイマー病は
タンパク質「アミロイドβ(Aβ)」が

脳内に凝集、沈着することが
原因の一つとされていますが、

今回このアミロイドβ(Aβ)の産生を促す酵素
「γセクレターゼ」の働きを抑える物質が、

ビールの原料として知られる「ホップ」の
エキスから見つかったそうデス左斜め下

【ホップにアルツハイマー病を予防できる成分】

研究では、新たにアルツハイマー病
モデルマウス(ADマウス)を作製、
ホップエキス2gを1リットルの水に溶かし、

アルツハイマー病発症前の若齢期から、
水の代わりに自由に飲めるようにし、

その後、Morrisの水迷路を用いた
行動実験を実施した。
※(目印のない水槽内を泳がせて、
目的地点へたどり着く時間を
繰り返し測定)

その結果、ホップエキスを
摂取していないADマウスでは9カ月齢から
記憶・学習能力に低下がみられたが、

ホップエキスを摂取したADマウスでは
記憶・学習能力の低下が観察されたのが
15カ月齢以降となり、

アルツハイマー病の発症を
遅らせることができることが確認されたという。


とのコト。

ただし、ビールの製造工程ではホップから
このエキスが取り除かれてしまうため、

いくらビールを飲んでもアルツハイマー病を
予防する効果は期待できないそうデス(笑)

いや〜残念あせあせ(飛び散る汗)

でも、サッポロビールが、
ライセンス契約を結んで、

ホップエキスを使った商品開発を
進めるそうだから、

近い将来、アルツハイマー予防という
名目で堂々とビールを飲む方が激増するかもexclamation&question

出来れば薬としてではなく、
ビールとして発売されるコトを

ちょっと楽しみにしながら、、、
いや、本当はスゴ〜く期待デス(≧▽≦)ひらめき



秦野市の骨盤矯正ならお任せ下さい!

posted by 秦野の整体師 at 00:00| 神奈川 | Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。