2014年01月21日

絶対に間違えている!!


あまりのコトに
開いた口がふさがらないし、

こんなコトは許されてはいけない筈。

どうせ嘘なら、せめてもう少し
まともな嘘をつけばいいのに、

こんなバレバレな嘘をつくというコトは
逆に国民の批判を期待している
というコトなのでしょうか?

【痛みは接種時の不安などがきっかけ】

子宮頸がんワクチンを接種したあと、
体に原因不明の痛みを訴える患者が相次いでいる問題で、

厚生労働省の専門家会議は、
研究班の調査結果を基に議論を行った結果、

「海外の副作用の報告や
患者の血液の検査データなどから、

ワクチンの成分によって神経や免疫などに
異常が起きているとは考えにくい。

接種の際の不安や痛み、緊張などがきっかけで、
症状が引き起こされた可能性がある」とする
見解をまとめました。

また、痛みが3か月以上続く患者については、
「ワクチンの接種が痛みのきっかけとなったものの、

不安やストレスなど複数の要因が影響し、
長期間続いていると考えられる」としています。


とのコト。

原因が理解できないと不安や痛み、
緊張などの精神的なモノが原因とするのは
あまりにも酷すぎる。

解らないなら解らないと
素直に言えばいいのに、

ワクチン被害者に責任を
なすりつけてくるとは言語道断!

世の中の痛くて怖いモノには
すべて副反応が出るとでも言うのでしょうか?

もし、不安や痛み、
緊張などが原因だというなら、

厚生科学審議会の検討部会の人間は
まず自分と家族に子宮頸がんワクチンを
何度か打って確かめてほしい。

なんでこんなニュースが
堂々と流れているのか理解が出来ない。

今後ものすごい批判の嵐が
起こるとは思うけど、

こんなコトが一時的にでも
まかり通るコトが不安だし、
心配でならない。

この国がこれ以上、
おかしな方向へ流れて行きませんように。



秦野市の骨盤矯正専門!秦野整体院。

posted by 秦野の整体師 at 20:54| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。