2013年12月26日

妊娠中は様々な食品を


アメリカでは、子供のナッツアレルギー
発症リスクを下げるために、

妊娠中や授乳中の女性は
ナッツ類の摂取を避けることが
推奨されていたそうですが、

逆にピーナッツアレルギー患者の
数が3倍に増加した為、

ナッツ類の摂取を避けることを2008年に
根拠不十分として撤回したそうデス左斜め下

【妊娠中にナッツ類を避ける必要はなし】

今回研究チームは、8,205人の子供と
その親に関するデータを調べ、

ピーナッツアレルギーまたは他の
ナッツアレルギーの患者140人を特定した。

これらの患者の母親が妊娠中と
その前後しばらくの間、

ピーナッツや他のナッツ類を
どの程度食べていたかを調べ、
アレルギーを持たない患者の母親のデータと比較した。

その結果、妊娠中やその前後にピーナッツや
他のナッツ類を食べていた母親の子供の方が、

ピーナッツアレルギーや他のナッツアレルギーを
発症するリスクが低いという結果が得られた。


とのコト。

アレルギーに対しては
アレルゲンを避けるだけでは
対応不足という結果。

上手にアレルゲンに接触することで
なんとかして耐性を高めたい所ですが、

接触の程度や時間などの加減が
それぞれ違い、難しいデスよねたらーっ(汗)

出来るだけ早く、
アレルギーを克服する為の
適切な方法が見つかるコトを願いマスひらめき



秦野市の骨盤矯正なら
秦野カイロ治療院にお任せ下さい!


ラベル:アレルギー
posted by 秦野の整体師 at 23:08| 神奈川 ☁| Comment(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。