2012年02月26日

早期検知

こんにちは、
秦野市渋沢駅南口の整体師
秦野カイロ治療院の市野貴則です。

今朝、新聞で読んだニュース。

海底観測網拡大へ、連動地震解明急ぐ


観測網の役割は「即時観測と常時観測」。
海底で起きた地震による揺れや津波が陸に到達する前に検知し、
避難などに生かすことが可能となる上、
日々の観測結果を収集、分析することで、
地震発生の仕組みや海底構造の解明も期待できる。
観測データは気象庁などにリアルタイムで提供される見込みで、
津波警報の高度化にもつながるという。


海洋研究開発機構の海面上昇に伴う
水圧の変化を捉える津波計や地震計のデータも

ナウファスの海底設置式の波浪計とGPS波浪計
のように
リアルタイムで提供されるのかな?

もしそうなれば、地震や津波の早期検知の
情報が個人レベルで出来るようになるから
避難も早く行われ、結果的に被害も少なくなるはず。

今後のリアルタイムな情報提供が楽しみですひらめき



秦野市渋沢の整体・肩こり・腰痛・ぎっくり腰・骨盤矯正の秦野カイロ治療院


ラベル:地震 津波
posted by 秦野の整体師 at 22:15| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。