2010年12月24日

四十肩、五十肩


こんにちは、
秦野市渋沢駅南口の整体師
秦野カイロ治療院の市野貴則です。

四十肩、五十肩で僕の所に来られる方は、
重症の方が多いと思う。

四十肩、五十肩の症状は、
動きの制限(腕が上がらない)と痛みですが
動きの制限や、少々の痛みは
「その内に治るだろう。」と
皆さん、我慢されるみたいです。

ですから、四十肩、五十肩で来院される方は
「痛くて眠れない!」と訴える方が多いです。

四十肩、五十肩は
腱板と呼ばれる回旋筋群が
弱くなったり、柔軟性が低下したりすることで、
肩の動きが制限された結果、
肩関節の関節包が縮小してしまい、
動かすと、炎症を起こして「痛い!」

という症状なので、どうしても
関節包の縮小を改善しなければいけない。
でも、無理やり、ストレッチしたりすると、
とても痛く、逆効果なので

僕はいつも「トムソンベッド」という
関節に動きをつけるためのベッドを使い、
肩関節に軽い振動を何度も加えることで
少しずつ、動きをつけていきます。

振動を加える時のコツは、
「やさしく、ソフトに、柔らかく。」です。

コツコツと軽い刺激が
四十肩、五十肩の施術には効果的です。


ではまた。



秦野市渋沢の整体・カイロプラクティックの秦野カイロ治療院


【関連する記事】
posted by 秦野の整体師 at 03:27| Comment(0) | 肩、首の痛み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: