2019年09月12日

知的刺激が必要なのです


認知症になる前の段階の無気力で
もの忘れがひどい状態のことを
専門的には「軽度認知障害」
(MCI:Mild Cognitive Impairment)と
呼ぶそうですが、この軽度認知障害は
中高年期に頭や指先を積極的に使うと
発症リスクを減らすことが出来るようです左斜め下

【パソコンやゲームで軽度の認知障害リスクが低下】

対象は、MCIを発症していない70歳以上の高齢者2,000例で、
研究開始時点での年齢の中央値は77.8歳、男女比はおよそ1:1。

自己申告式の質問票を使って、
中年期(50〜65歳)と高齢期(66歳以降)における
@コンピュータの使用
Aクロスワードパズルやトランプなどのゲーム
B陶芸や裁縫などの手工芸活動
C映画鑑賞や友人との外出などの社会活動
D読書―の実施状況を調査した。

さらに、15カ月ごとに思考力と記憶力の検査を行った。

中央値で5年間追跡調査を行ったところ、532例がMCIを発症した。
解析の結果、コンピュータを使用しなかった人に比べ、

中年期のみコンピュータ使用した人では
MCI発症リスクが48%低下し、高齢期のみ使用した人では30%、
中年期と高齢期を通じて使用した人では37%低下した。

また、中年期と高齢期に社会活動をした人と
パズルやゲームを行った人ではMCI発症リスクが20%低下し、
高齢期に手工芸活動をした人では42%低下した。


とのコト。

※↑の引用させて頂いたリンク元のサイトには
健康関連のさまざまな記事が掲載れていますので、
興味のある方は是非ご覧になってください。



肉体だけでなく脳も健康的な状態を維持する為には
中年期から積極的に色々な運動や活動をするべきexclamation

休みの日は疲労が溜まり過ぎると
ボ〜っとしがちですが、疲れているからこそ
あえて趣味や運動を頑張るべきなのかもあせあせ(飛び散る汗)

日頃の生活リズムを上手にコントロールして
寝不足にならないように気をつければ、
充実した週末をおくる元気を保てるはず。
老後の為にも頑張りましょうひらめき



むち打ち、ストレートネック、
首や肩の痛みの解消におすすめ
骨盤矯正の秦野カイロプラクティック




ラベル:認知症
posted by 秦野の整体師 at 23:57| 神奈川 ☁| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする