2019年08月04日

激しすぎる変化は消耗も激しい!?


自分の夏バテの種類を知れば、
的を絞った対策で暑さを克服出来るかも左斜め下

【実は病気じゃなかった!
 夏バテは3種類あるって知ってた?】


@暑さで「気」の消耗が起き、「夏バテ」になります。
 元気がなくなり食欲も落ち、栄養不足でさらに「気」が落ちる
 悪循環を起こすのが「気虚」です。

A冷たい飲み物や食べ物を摂り過ぎて水分の巡りが悪くなる。
 飲食パターンが作り出す、暑さによるカラダの不調「湿邪」。

B発汗などで体内の水分が出て、脱水状態に近くなる「陰虚」。

西洋医学と東洋医学は、
カラダの不調に対する考え方も異なるのですが、
「気虚」と「湿邪」をいわゆる「夏バテ」、
「陰虚」は「熱中症」と言い換えられそうです。


とのコト。

※↑の引用させて頂いたリンク元の記事には
夏バテの語源や対策ポイントも説明されていますので、
興味のある方は是非ご覧になってください。



エアコンが効いた室内と日差しが強く湿度も高い屋外の
とんでもなく激しい気温差で「気」消耗してしまい、
元気がなくなるのも「気虚」の扱いで良いと思うのですが、
今年は梅雨明けからの変動も激しかったので、
「気」消耗がさらにキツい感じ(_ _;)

夜も寝苦しかったり、暑さと日差しを感じるせいか、
朝もやたらと早く目が覚めてしまう方も多いかと思いますが、
日中に消耗してしまう体力をシッカリ温存しておくためにも
エアコンや扇風機、遮光カーテンなどで睡眠環境を整えて
出来るだけ良質な睡眠を確保できるように心掛けたいですよね眠い(睡眠)

気温や湿度の激しい変化に負けないように
バランスの取れた食生活と規則正しい生活を
維持できるように頑張りましょうひらめき




スマホ首、巻き肩、猫背など
姿勢の歪みの解消におすすめ
骨盤矯正の秦野カイロ治療院





posted by 秦野の整体師 at 00:09| 神奈川 ☀| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする