2019年05月03日

口の衰えは全身の衰え!?


舌や口まわりの筋力が低下している場合は、
全身の筋力も同じように衰えていると考えるべきなので
筋肉の材料となるタンパク質などを積極的に摂取する為にも
出来るだけ早く口腔トレーニングを開始したいですよね左斜め下

【全身の衰えサイン「オーラルフレイル」とは?
 専門家に聞く症状&対策】


「一つめは、歯磨きをしながらできる『歯ブラシマッサージ』です。
歯ブラシの背の部分(毛先の反対側)を頬の内側に押し当てて、
頬を外側に広げるようにマッサージしていきます」

続いては、「くちびる伸ばし」と「舌裏伸ばし」。
テレビを見ているときや入浴中などに手軽にできる。

くちびる伸ばしは、下くちびると上くちびるを、
親指と人さし指でつまんで引っ張るというストレッチだ。
舌裏伸ばしは、口を縦に大きく開いて、
舌先を上あごにくっつけるという舌のトレーニング。

「日ごろ口をしっかり使えていない人は筋肉が硬くなっているので、
やり始めは頬や舌、あごに痛みを感じるかもしれません。
ですが、続けていくとだんだん筋肉が柔らかくなり、
痛みもなくなってきます」(阿部さん)


とのコト。

※↑の引用させて頂いたリンク元の記事には
オーラルフレイルのサインや症状だけでなく、
口周りの筋力アップ法も説明されていますので、
興味のある方は是非ご覧になってください。



「歯ブラシマッサージ」や「くちびる伸ばし」などの
ストレッチは舌の基本的なトレーニングである
「舌回し」とあわせておこなっていきたいですよねグッド(上向き矢印)

「舌回し」は唇を閉じた状態で、
歯の表面を奥歯からなぞるような動きを、
右回りを20回、左回りも20回と
繰り返しおこなうのですが、

初めての人は奥歯からなぞるのは
大変なので、まずは前歯だけから始めて
なれてきたら奥歯からにすれば良いかと。

口まわりの筋力を低下させないようにして
バランスのとれた食生活と適度な運動で
健康を維持できるように頑張りましょうひらめき



スマホ首、巻き肩、猫背など
姿勢の歪みを解消におすすめ
骨盤矯正の秦野カイロ治療院




ラベル:口腔ケア
posted by 秦野の整体師 at 22:16| 神奈川 ☁| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする