2019年04月09日

便秘に悩む子供は多いそうです


子供の便秘も重症化してしまうと、さまざまな症状に悩まされたり
治るのにも時間が掛かるので、子供が便秘で悩んでいたら放置せずに
早めに医師の指導をうけるべきかと左斜め下

【慢性便秘症 早期治療を 意外に多い子どもの患者】

通常、口から入った食べ物は、小腸や大腸を通って便になり、
肛門につながる直腸に下りる。すると、脳のセンサーが働いて
肛門周辺の筋肉を緩め、トイレでいきむと便が出る仕組み。

しかし、我慢し続けると、直腸に便があるのが
当たり前と考えてセンサーが鈍くなる。

そのうち、直腸などに水分を吸収された便は、
硬い塊となって肛門をふさぎ、いきんでも出ない状態に。
塊の隙間から、新しく下りてきた水分を含んだ便が漏れ、
「友達に『臭い』と言われるなどして傷ついている子もいる」という。


とのコト。

※↑の引用させて頂いたリンク元の記事には
子供が慢性便秘症になる原因や症状について
図解入りでとても丁寧に説明されていますので、
興味のある方は是非ご覧になってください。



子供がトイレに行く回数や時間のチェックは大事。
親に出来ることは日頃から恥ずかしがらずに
トイレの話が出来るような関係を作っておくこと。

とにかく子供との会話を充実させるように
友達のことや趣味の話などを普段からこまめに聞いて
子供が何に興味を持っているのかを知っていれば、
会話も途切れずにすむし、体調の話もしやすいはず。

何か問題が起きた時に少しでも早く気が付く為に
家庭での会話が親だけでなく子供にとっても
楽しいものであるよう心掛けたいですよね。

自分も娘との会話が少なくならないように
頑張らなきゃひらめき



ストレートネック、巻き肩、猫背を解消
姿勢改善なら骨盤矯正の秦野カイロ治療院




ラベル:便秘
posted by 秦野の整体師 at 23:58| 神奈川 ☀| Comment(0) | 妊娠、出産、育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする