2018年08月10日

量より質だけど適量であることは大事


食べ物の適量というのは実はとても
難しい問題じゃないかと思うのですが、
手のひらを目安とするという考えは
シンプルでとても好きです左斜め下

【ダイエットの鍵は食べ物の量ではなく品質にあり】

ランバート氏によれば、肉や魚、豆腐などのタンパク質は
手のひら2つ分の量を1日に摂ることを奨励している。
タンパク質は筋肉や骨の健康に欠かすことができない栄養素で、
血圧を下げる効果もある。

オイル類やナッツバターなどのの脂肪も欠かせないのだが、
カロリーが高く摂り過ぎは避けたい。
そこで目安になるのは1回の食事で
親指のサイズ以下に留めることだ。

米などの炭水化物については
1回の食事でひとつかみが基準になるという。
そしてなるべく玄米やサツマイモなど、
精製されていない炭水化物を摂ることを推奨している。

そして野菜については1回の食事で
二つかみ分を食べることを勧めている。
したがって毎回の食事で最も
見た目の量が多いのが野菜ということになる。


とのコト。

※↑の引用させて頂いたリンク元の記事には
食べ物の品質についても説明されていますので、
興味のある方は是非ご覧になってください。



手の大きさでモノを考えるというのは
食事のバランスを考える時の目安として
とても分りやすくて良いですよねグッド(上向き矢印)

バランスの良い食生活と適度な運動、
十分な睡眠や規則正しい生活を心がけて
激しい夏を元気に乗り越えられるように
頑張りましょうひらめき




姿勢を改善して腰痛解消
首や背中、ひどい腰の痛みなら
骨盤矯正の秦野カイロ治療院






posted by 秦野の整体師 at 23:59| 神奈川 ☁| Comment(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする