2018年08月03日

まずは意識の確認を


もし、身のまわりの方が熱中症になってしまったら、
水分補給をしようと慌ててペットボトルを口もとに
あてて水を飲ませてしまいそうですが、
まずは患者さん自身の手でペットボトルを持って
飲ませるコトが重要だそうです左斜め下

【熱中症患者に水を飲ませることは危険!?
 夏フェスで友人がもしもなったらどうする?】


「意識障害がないようだったら、
涼しいところへ連れて行き、水分補給をします。

ただ、ここで一番やってはいけないのが、
第3者がペットボトルなどを口もとにもっていき、
水を飲ませることです。

自分の手で水が飲めないというのは
意識障害がある証拠です。

本人に自分の手でペットボトルなどをもってもらい
水を飲んでもらうことが大切であり、
これで意識障害があるかどうかを判断できます」

意識障害の判断は一般人ではとても難しいといいます。
目が開いていて言葉をしゃべることができても
意識障害があるということがあります。

自分で水を飲むことは、意識障害の判断のほかに、
飲み物の誤嚥(ごえん)防止にもなります。
意識のない人に水を飲ませると
誤嚥する危険性があるからです。


とのコト。

※↑の引用させて頂いたリンク元の記事には
暑さ指数についても書かれていますので、
興味のある方は是非ご覧になってください。



意識障害がある時は水分補給より先に
まず救急車を呼んでから、到着するまでの間に
足を高くして首や脇の下、大腿部の付け根などの
大きい血管を水やアイスパックで冷やすコトに集中して、
意識が戻ってから水分補給をするべきかと。

イザという時に慌てず
冷静に行動出来るように
頑張りましょうひらめき



ひどい腰の痛みを解消するなら
骨盤矯正の秦野カイロ治療院







ラベル:熱中症
posted by 秦野の整体師 at 23:59| 神奈川 ☔| Comment(0) | 防災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする