2018年06月05日

まずはヨーグルトから先に


食事にヨーグルトを追加して先に食べるようにすると、
食後の血糖値の上昇を抑えられるそうです左斜め下

【食後高血糖抑制のコツはヨーグルトファースト】

研究グループは、健康な男女20人(平均年齢35.8歳)に、
食べる順番を変えた次の4つのパターンの食事―
@白米のみ、
A先に野菜サラダ、その後に白米、
B先に白米、その後にヨーグルト、
C先にヨーグルト、その後に白米―を摂ってもらった。

白米は150g。野菜サラダはオニオンとレタスのミックスサラダで、
ドレッシングは使用しなかった。ヨーグルトはプレーンを用いた。
食事の時間は10分間。

食前と食事開始から15・30・45・60・90・120分後に
血糖値を測定し、食べる順番による血糖値の変化を調べた。

その結果、野菜サラダまたはヨーグルトを白米より先に食べると、
食事開始30分後と45分後の血糖値の上昇が、白米のみに比べて
明らかに抑えられていた。

また、食事開始15分後と90分後にも血糖値上昇を顕著に抑制したのは、
白米より先にヨーグルトを食べた場合のみだった。

続いて、白米とヨーグルトの摂取順序による影響を調べたところ、
食事開始30分後、90分後では、どちらを先に食べても、
白米のみの時と比べ血糖値の上昇が明らかに抑えられていた。

さらに、食事開始15分後と45分後にも血糖値上昇を顕著に抑制したのは、
白米より先にヨーグルトを食べた場合に限られた。


とのコト。

※↑の引用させて頂いたリンク元のサイトには
健康関連の記事が多数掲載されていますので、
興味のある方は是非ご覧になってください。



腸内環境を整えながら血糖値の上昇も抑えられるなんて
都合が良すぎて何だか驚いてしまいますが、
まず先にプレーンヨーグルトを食べるだけというなら、
実践しやすいので是非取り入れたいですよねるんるん

特に炭水化物中心のメニュー構成の時には
ヨーグルトファーストが必須かも(@_@;)

美味しく健康的な食生活を送れるように
頑張りましょうひらめき



猫背解消、姿勢改善するなら
骨盤矯正の秦野カイロ治療院




posted by 秦野の整体師 at 22:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする