2017年09月01日

眼圧が正常でも視野障害には要注意


緑内障といえば眼圧上昇のイメージがありますが、
現在、日本人の40歳以上の20人に1人もの
多くの割合で緑内障にかかっている方がいるらしく、
そのうちの過半数が眼圧は正常範囲なのに、
緑内障になっている「正常眼圧緑内障」だそうです左斜め下

【緑内障患者の救世主は、みかん?】

日本の緑内障患者の多くは
眼圧が正常範囲である正常眼圧緑内障であり、
眼圧下降以外の治療法の開発が求められている。

そこで、研究グループは、眼圧以外で
緑内障に影響を与える因子として酸化ストレスに着目。

酸化ストレスは近年では、
緑内障の発症や進行への関与が注目され、
血液中の抗酸化力が低い緑内障患者は、
緑内障が重症化する傾向があると言われている。

まず、41種類の食品成分に関して、
培養したマウスの網膜細胞において
抗酸化作用を発揮する素材を調べた。

その結果、みかんの皮に含まれる
ポリフェノールの一種である「ヘスペリジン」が
最も高い抗酸化作用を持つことが分かった。

続いて、神経を興奮させる薬剤を眼内に注射して
網膜障害を起こしたマウスを準備。
それらにヘスペリジンを投与したところ、
ヘスペリジン非投与のマウスに比べて、
生き残った網膜神経節細胞の数が明らかに多かった。


とのコト。

※↑のリンク元のサイトには
さまざまな健康関連の記事が掲載されていますので、
興味のある方は是非ご覧になってください。



「正常眼圧緑内障」であっても
眼圧を下げるコトは無駄ではなく、
緑内障が進行して視野が狭くなるリスクを
下げるコトが出来るそうなので、

現在、緑内障にたいして行われている
眼圧の検査や点眼薬などの薬物療法、
レーザーや手術によるアプローチも
非常に重要だというコトも忘れずに。

とはいえ治療の手段が増えるに越したコトはないので
ヘスペリジンには期待大グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
より効果的な点眼薬などが
開発されれば嬉しいですよねるんるん

それまで目の健康を保つ為にも
PCやスマホのやり過ぎに注意して
たまには遠い景色を眺めたり、
目を温めるなどして頑張りましょうひらめき




膝の痛み、足の付け根の痛み、
股関節痛の解消なら秦野カイロ!





posted by 秦野の整体師 at 13:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする