2017年07月04日

必要以上には摂らないのが大事かな

 
ガンの治療法は外科手術をはじめ、
放射線や抗がん剤などがありますが、
それ以外の方法も有効ならば選びたいですよね左斜め下

【「糖質制限+ビタミンC」は
 「がん」の新たな治療法となり得るか?】


嫌気性解糖が大好きながん細胞を持つ人が、
厳しい糖質制限をしてケトン体をメインエネルギーにする
生活をするとどうなるでしょうか?

がん細胞はブドウ糖をとりこむチャンスが減り、
勢いよく増殖できなくなります。

ブドウ糖を待ち焦がれていますが、
食事からは入ってこないので、
あまり増殖せずにじっと耐えています。

この時に上述のPET検査のFDGのように、
ブドウ糖に似た構造の「ビタミンC」を投与すると、
大喜びで大量に取りこみます。

これが今、がんの治療法として注目されているのです。

ビタミンCは細胞内に入ると毒物である
過酸化水素を産生してしまいます。

正常細胞にはこの過程を止める
カタラーゼという酵素が存在しているので、
ビタミンCを摂取しても細胞は大丈夫です。ところが、
がん細胞にはカタラーゼが機能しないものが多くて、
過酸化水素にやられて死んでしまいます。

この理屈に従い、厳しい糖質制限を実践しながら
ビタミンC点滴を行うことで、がんを縮小させることに
成功したという報告が2014年ごろからどんどん出てきました。


とのコト。

※↑のリンク元のサイトにはさまざまな
医療ニュースが掲載されていますので、
興味のある方は是非ご覧になってください。



だから逆を言えば、糖分の摂り過ぎと
ビタミンCの不足はガン細胞を増殖させる
主な原因になっているかも知れない訳で、

ガンが急増している背景には
様々な原因があるのだろうけど、
やっぱり現代人は糖質の摂り過ぎかな?
ガン予防の為には食生活の改善が必須かと。

放射線や抗がん剤に比べて、
圧倒的に身体への負担が少ない
糖質制限+ビタミンCという方法が有効なら、
是非、活用して行きたいし、
一般的な治療法になるべきだと思うので、
今後の研究が進んでガンの治療法を選ぶときに
迷いなく最善の方法が選べるようになるコトを願いますひらめき




秦野でギックリ腰、坐骨神経痛の解消、
骨盤矯正なら秦野カイロ治療院




タグ:
posted by 秦野の整体師 at 20:59| 神奈川 ☔| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする