2017年06月16日

麦とろごはんが食べたいな(^^♪


天候の変化が激しく、
気温の差に身体がついていかず、
食欲が落ちている方も多いと思いますが、
本日6月16日は「麦とろの日」なので、
麦とろごはんで体力を回復するのが良いかも左斜め下

【6月16日は麦とろの日
 美腸力アップや夏バテ予防に最適!】


とろろに使用される「長芋」「大和芋」などの
山芋は、昔から「山のウナギ」と呼ばれるほど
精がつく食材だといわれています。

生薬では「山薬(サンヤク)」と呼ばれ、
漢方では滋養強壮などのために用いられてきました。
暑くなり始め食欲が落ちがちなこの時期には、
まさに打って付けの食べ物なのです。

山芋はデンプンをメインに、ビタミンB1、B2、
ビタミンC、カリウム、食物繊維などを多く含んでいます。

特徴であるネバネバは「ムチン」という成分で、
納豆、オクラ、モロヘイヤなどのネバネバも
これと共通しており、胃腸の粘膜を潤し、
保護する働きがあります。

食べ物だけに含まれる成分というわけではなく、
人の口腔、胃腸、目の表面などの粘膜は
すべてムチンに覆われています。

肝臓や腎臓の機能を高める作用もあり、
細胞を活性化し、エイジングケアにも役立ちます。
また、山芋は唯一生で食べられる芋類です。

山芋にはアミラーゼ(ジアスターゼ)を
はじめとする消化酵素がたっぷり含まれ、
生食することで活性化した状態の
酵素を摂ることができます。

ムチンや酵素がたっぷりの山芋は、
腸内環境を良くする作用に優れ、
お腹の調子を整え便通を良くする効果、
美肌効果、疲労回復・スタミナの増強にも
効果があります。


とのコト。

※↑のリンク元の記事には麦ごはんの炊き方や
山芋の簡単なおろし方についても書かれていますので、
興味のある方は是非ご覧になってください。



麦とろごはんは粘りのある山芋のおかげで、
サラッと食べるコトが出来ますが、
胃腸が弱っている場合は消化の為に
すぐに飲み込んでしまわずに、
出来るだけゆっくりシッカリ噛んで食べるべき。

慌てずゆっくり食べて
その食物繊維と滋養強壮効果を味わって
夏に備えて頑張りましょうひらめき



秦野でギックリ腰、坐骨神経痛の解消、
骨盤矯正なら秦野カイロ治療院





posted by 秦野の整体師 at 09:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする