2015年07月22日

日光は適度に浴びるのが大事


最近、太陽光は肌の老化や
皮膚がんの原因となる為、

日光を浴びるコトを
避ける方が多いですが、

強すぎない適度な日光浴は
身体い良い影響を与えてくれマス左斜め下

【太陽の光を浴びないと死に近づく可能性あり!
 日光浴が良い5つ理由】


1. 確かに日焼けは皮膚がんのもとだが、
一般的に言われてるよりも発生率は非常に低い。

また、もし皮膚がんが発生しても、
容易に治療ができる。

2. 実際、太陽の光を浴びる時間が
長い人ほど寿命が長く、

そのせいで皮膚がんにかかった人でも
平均的な寿命よりも長く生きる傾向が大きい。

3. 日光浴が体にいいのはビタミンDの影響もあるが、
一酸化窒素の働きも超重要。

日光を浴びた肌は血管内に一酸化窒素を放出させ、
血圧を下げる働きを持つ。

一酸化窒素には、血流アップのほかにも
新しい血管を作る作用があり、
心疾患のリスクを大幅に下げる。

4. ビタミンDや一酸化窒素系の
サプリを飲んでも、

陽の光を浴びないことによるダメージは
リカバーできない。

5. 普段から日焼けを避けまくっている人ほど、
いざ皮膚に悪性腫瘍ができたときの
悪影響は大きくなる。


とのコト。

適度に浴びれば良いのは
わかるけど、

どのくらいが適量なのかが
分からないのがツラい所あせあせ(飛び散る汗)

一般的におススメされている
日光浴は5分から30分程度、

陽射しが強ければ
直射日光である必要はなく、

特に朝日を浴びるコトが良いと
言われていマスるんるん

気持ち良く朝日を浴びて
健康的な生活を送りましょう晴れ



秦野市のマタニティ整体、
産後の骨盤矯正なら
秦野カイロ治療院!



posted by 秦野の整体師 at 23:05| 神奈川 ☁| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする