2014年11月23日

石鹸より歯磨きの方が気になりマス


全ての製品がという訳では無く、
トリクロサンという成分が
含まれているモノに限るのですが、、、

【石けんや歯磨き粉の使い過ぎは
 がんにつながる恐れアリ?:米研究】


元凶となるのは、
トリクロサンと呼ばれる成分。

殺菌効果があるということで
石けんなどに広く使用されてきたのだが、

実はそれほど殺菌の効果がなく、
しかも人体に有害ですらあるとの指摘がある。

その”グレー”成分の
健康への影響を確かめようと、
マウスを使って実験を行ったところ、

トリクロサンを体内に取り込むことで、
肝繊維症やがんになりやすいことが確認された。

トリクロサンに6カ月間さらされた
マウスは、肝腫瘍ができやすく、

トリクロサンにさらされていない
マウスと比較すると

その腫瘍は大きく、
数も多かったという。

トリクロサンについては、
ミネソタ州がトリクロサンを含む
商品の販売を禁止することを決めている。


とのコト。

ミネソタ州で実際にトリクロサンの
販売を禁止する法律が施行されるのは、

2017年の1月なので
結構先の話。

当然、日本も含め他の地域で
禁止されるのは、

もっと遅くなるコトが
予想されるので、

それまでは自己防衛が必要かと。

自分が知る限り、
現在の2014年の日本では、

メジャーな液体の薬用石鹸では
あまり使用されておらず、

意外とメジャーな歯磨きに
使用されているのが気になる所(@_@;)

石鹸よりも歯磨きの方が
体内に取り込みやすいので
心配デスよねたらーっ(汗)

製品名は具体的には
書けないけど、

○○オーラとか、
デンタルリンス○○、
緑の歯磨きホニャララ等。

もちろん、その他の
マイナーな薬用せっけんや、
ボディソープ、デオドラント製品でも、

トリクロサンが使用されているモノは
沢山あるので、成分チェックは必須exclamation×2

自分が使う製品は
常に成分チェックを
忘れないようにしましょうひらめき



産後の骨盤矯正、産後の腰痛なら
秦野カイロ治療院にお任せください!




posted by 秦野の整体師 at 23:59| 神奈川 | Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする