2014年11月14日

冷え性?それとも低体温?


冷えを感じるコトには
違いはありませんが、

低体温の方が免疫力が下がり
感染症などにも罹りやすく厄介デスね左斜め下

【「冷え症」と「低体温」は何が違うの?】

女性に多い「冷え症」。
これは実際の暑さ寒さに関わらず、
異常に冷えを感じてしまう状態のことと言えます。

でも、これは実際は体の体温を
測ってみると正常なことがほとんど。

なぜなら、体温は「深部体温」といって、
体の中心の温度を測っているからです。

冷え症の人が感じる辛さは
手足などの末端の冷え。

これは、色々な原因で、
手足の血管が収縮したりすることで、
血流が悪くなることを一因としておこります。

ところが、最近良く耳にする
「低体温」というのは、

体の中枢の深部体温の温度が
低くなることを指しています。

医学的な「低体温」の定義は、
本来37度くらいである

体の中の深部体温(内臓の温度)が、
35度以下になってしまうこと。


とのコト。

本格的な低体温症は凍死に
つながってしまう大変な状態なのですが、

最近、テレビなどで言われている
低体温はそこまで深刻ではないけれど、

平熱が低く、免疫力が下がって
しまっている状態のコトたらーっ(汗)

対策としては入浴や睡眠を
シッカリとる為の規則正しい生活と

筋力アップの為の適度な運動exclamation×2

身体を温める食材を
積極的に食べる等グッド(上向き矢印)

寒さに負けない身体を作る為に
本格的な冬が来る前に

今から温活いい気分(温泉)
頑張りましょうひらめき



秦野市のマタニティ整体、
妊婦さんの腰痛なら秦野カイロ!


posted by 秦野の整体師 at 23:59| 神奈川 | Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする