2014年11月11日

意外とあてはまるんデス


“陰陽五行説”とは、
自然界のあらゆるモノを

陰と陽にわけて考える陰陽思想と

「木・火・土・金・水」の
5つに分類して考える五行思想が
結びついたもので、

五行の「木・火・土・金・水」
それぞれに人間の臓器を
当てはめるたのが五臓六腑。

ちなみにこんな感じ左斜め下

    陰    陽

五行  五臓   六腑

木    肝    胆

火    心   小腸(三焦)

土    脾    胃

金    肺   大腸

水    腎   膀胱


東洋医学では陰陽五行説を基準にして
考えるのが基本デス左斜め下

【古来より伝わる中国の知恵!
 「陰陽五行説」を使った体質チェック法】


(1) 肝木(かんもく)タイプ

・ 爪が欠けやすい、へこみなどがある

・目が疲れやすい、視力も悪い

・イライラしやすい、怒りっぽい

・酸っぱいものが苦手、または大好き

・肩が凝る、背中も固い

・花粉症などアレルギーを持っている

以上のような症状のある方は、
眼精疲労や情緒不安定、
思考力の低下などが起こりやすくなります。

にら、椎茸、落花生、にんにくなどの食材がおすすめです。


(2) 脾土(ひど)タイプ

・口内炎がよくできる

・毎日体がだるくて重い

・食べても太らないか、すぐに太る

・顔に吹き出物が出やすい

・下痢をしやすい

・甘い物が大好き、もしくは苦手

以上のような症状のある方は、
便秘や下痢、胸焼けなどを起こしやすく、
体がむくみやすいタイプです。

大豆、にんじん、鯉、
かぼちゃなどの食材がおすすめです。


(3)心火(しんか)タイプ

・めまいやたちくらみを起こしやすい

・寝つきが悪く夜中に何度も起きてしまう

・肥満傾向で汗をかく

・心配性でクヨクヨしがち、上がり症

・高血圧や水虫になりやすい

・動悸、息切れをおこしやすい

以上のような症状のある方は、
心が衰えると睡眠のリズムが乱れ
睡眠不足になりがちです。

えび、たまねぎ、セロリ、
にがうりなどの食材がおすすめです。


(4) 肺金(はいきん)タイプ

・よく風邪を引く、くしゃみが出る

・のどや鼻が乾燥しやすい

・肌にツヤやハリがなく、シワっぽい、乾燥肌

・アトピー性皮膚炎である

・感傷的になりやすい

・蓄膿症やぜんそくの気がある

以上のような症状のある方は、
肺の働きが弱くなると、くしゃみや鼻水、
風邪を引きやすくなります。

ごぼうや銀杏、枇杷、
りんごなどの食材がおすすめです。


(5) 腎水(じんすい)タイプ

・耳鳴りがしたり、人の声が聞こえにくかったりする

・根気がなく、疲れやすい

・体が冷えている、もしくは顔や手足がほてる

・些細なことでストレスを感じる

・手足がいつもむくんでいる

・尿の量が多く、しょっちゅうトイレに行く

以上のような症状のある方は、
生命力が衰えているので
疲れやすくなります。

くるみ、ごま、やまいも、
うなぎなどの食材がおすすめです。


とのコト。

なんだかんだいっても
陰陽五行説って
分かりやすいんデスよね^^;

スッキリしてるし、
なるほどって感じで納得してしまう。

だけどカイロプラクティックや
整体の施術に取り入れるとなると
とたんに難しくなるのが不思議な所(笑)

そろそろ自分も陰陽五行説に
もう一度、本格的に取り組まなければexclamation×2

頑張るぞ〜ひらめき



秦野市のマタニティ整体、
妊婦さんの腰痛なら秦野カイロ!




posted by 秦野の整体師 at 23:59| 神奈川 ☁| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする