2014年09月18日

抜け毛で脳内の状態が分かる!?


これまで脳だけで発現していると
考えられていた遺伝子の多くが、

頭皮から抜いた髪の毛の
毛根細胞でも発現していて、

実は毛根細胞が脳内の状態を
反映しているコトが分かったそうデス左斜め下

【頭の毛根細胞に精神疾患の指標を発見】

これまで精神疾患の患者の死後脳で
発現量の変化が報告されていた
遺伝子群について、

毛根細胞でのそれらの発現量を測定し、
精神疾患のバイオマーカーを探した。

統合失調症患者の毛根細胞では、
脂肪酸結合タンパク質(FABP)の1つである

FABP4をつくる遺伝子の発現量が
対照群に比べ約40%低下し、

自閉症の人の毛根細胞では、
神経系の細胞同士の結合に関与する
CNTNAP2 遺伝子の発現量が下がっていた。

それぞれの遺伝子の発現量低下を
バイオマーカーとして使うと、

統合失調症や自閉症を
約70%の感度と特異度で検出できた。

いずれも発症初期から判定でき、
早期診断にも役立つ可能性が考えられた。

「この毛根細胞の遺伝子発現解析は
発症初期の補助診断に役立つ可能性がある。

毛根細胞に脳の情報が
一部集約されてくる可能性があるので、
脳のほかの慢性疾患の診断に使える余地もある」


とのコト。

まさか毛根細胞にそこまでの
情報が詰め込まれているとはexclamation&question

数年後には毛根細胞を調べれば
性格も分かるようになったりして(゚ω゚;)

研究が進んで、
簡易的な脳神経疾患の診断法が
出来上がるコトを願いマスひらめき



秦野市で産後の骨盤矯正なら
秦野カイロ治療院!



posted by 秦野の整体師 at 00:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする