2014年09月06日

香りに癒される前に確認を


アロマテラピーという言葉が
とても良いイメージなので、

何しても大丈夫だろうと
安心して使いがちですが、

正しい使い方や選び方を知らないと
逆効果になってしまいマスあせあせ(飛び散る汗)

【体にイイはずが逆効果!?
 知っておきたい「アロマのNG使用法」3つ】


■1:毒性のある精油に注意!

柑橘系の多くの精油には、
フロクマリン類という成分が含まれていて、

光毒性を持つので、皮膚に塗布した後に
紫外線にあたるとシミや肌荒れの原因なり、
真逆の効果になってしまいます。

「光毒性のある精油はベルガモット、レモン、
オレンジビター、グレープフルーツなどです。

反対に、光毒性の無い柑橘系精油として
マンダリン、オレンジスイート、ネロリは大丈夫です」

■2:濃度に応じた使い方を!

精油自体は植物の芳香成分が濃縮されているので、
1滴の濃度がとても濃いのです。

日本環境協会では芳香浴1〜5滴、
お風呂への使用も同じく1〜5滴、
吸入法は1〜3滴、

トリートメントの時の植物油との
希釈濃度は1%以下と目安を設けています。

■3:“精油”と“アロマオイル”は別物!

アロマテラピーに適しているのは
“精油”(エッセンシャルオイル)です。

よく耳にするアロマオイルとは違うものです。

見た目はとても似ていますが、
アロマオイルやポプリオイルは、

合成の香りが含まれているなど、
100%天然の物ではありません。

これらは合成の物なので、
直接肌に塗って使用する事は
あまりおすすめできません。


とのコト。

好きな香りを選ぶのは
とても楽しいけれど、

自分の身体に使うものは、
どんな製品でもそうですが、
表記もしっかりチェックexclamation×2

安心してアロマを楽しめるように

少々値段が張っても精油は
自分の体調や体質に合う
良いモノを選んで、

心も身体もリラックス
出来るようにしましょうひらめき



産後の整体なら
秦野カイロ治療院!



posted by 秦野の整体師 at 23:13| 神奈川 ☁| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする