2014年09月05日

胎脂は赤ちゃんを守ってる!?


実は赤ちゃんの皮膚を守るバリヤーを
洗い流していたのかも(@_@;)左斜め下

【産湯使わず肌荒れ予防】

生まれたばかりの赤ちゃんを
すぐ産湯に入れず、

生後5日目ごろから
体を洗い始めるケアが、
病院や産科医院で広がっている。

「ドライテクニック」と呼ばれ、
湯につかることによる体力の消耗を避け、
湿疹などの皮膚トラブルも少なくなる。

出産直後、
血液や羊水を軽くふき取った
赤ちゃんの体をよく見ると、

豚のラードのような脂が
まとわりついているのが分かる。
「胎脂」という物質だ。

総合上飯田第一病院の産婦人科は
2012年春から、胎脂を洗い流すのをやめた。
生後5日目に初めての沐浴をする。

外気にさらされたばかりの
赤ちゃんの皮膚は防御機能が未熟。

生後すぐに沐浴をしていたころは、
肌のかさつきや白い膿を伴った
新生児中毒疹などのトラブルが頻発していた。

胎脂を残すようになってからは、
肌のきめが良くなり、
へその部分も化膿しにくくなった。

「胎脂は天然の保湿クリーム」

ドライテクニックは
皮膚を乾燥させるのではなく、

胎脂を温存して
結果的に皮膚を保湿している。


とのコト。

赤ちゃんの
見た目の清潔を保つ為に、

生まれてすぐに沐浴で
皮膚を石鹸で洗い流されては、

赤ちゃんは
クタクタになるだけでなく、

皮膚まで乾燥した無防備な
状態にされてしまい、

実は大変な負担を感じているのかもたらーっ(汗)

適度な清潔さは大事だけど、
やり過ぎはダメだし、

何より自然な状態を
ある程度保つコトが大事かと。

赤ちゃんだけでなく、
小さなお子さんも、

皮膚はデリケートなので
石鹸による洗い過ぎには要注意exclamation×2

適度に保湿出来るように心掛け、
皮膚トラブルを防ぎましょうひらめき



秦野市で骨盤矯正なら、
秦野カイロ治療院!



posted by 秦野の整体師 at 23:14| 神奈川 ☁| Comment(2) | 妊娠、出産、育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴマリグナンで老化防止


胡麻が使われている料理や和菓子は
香りも良くて美味しいデスよね左斜め下

【利休が好んで茶菓子に使った「胡麻」は
 究極のアンチエイジング食材】


食品売り場には6種類もの
胡麻製品が置いてあります。

「洗いごま」……洗って乾燥させた生の胡麻。
「むき(みがき)胡麻」……皮を剥いた胡麻。
「炒り(煎り)胡麻」……乾煎りした胡麻。
「摺りごま」……煎った胡麻を粗く摺りつぶしたもの。
「練りごま」……煎った胡麻を細かく摺りつぶして練ったもの。
「ごま油」……高温で煎った胡麻を絞って取った油。

世界中でわが国ほど胡麻を活用し、
多種多様な料理を生み出している国はありません。

欧米では白胡麻以外の胡麻を料理に使いませんし、

「摺りごま」が売られているのは
日本だけということをご存知でしたか?

健康維持に素晴らしいパワーを
発揮する胡麻には、

人間が生きてゆくために、
必要な栄養素が全て詰まっています。

肝臓機能を正常に保つことは、
アンチエイジングの基礎ですが、

胡麻に含まれている
リグナン(セサミンを含む)は、

ビタミンCやカテキン、
アントシアニンと違って

水溶性ではないため、
唯一肝臓に達することのできる
抗酸化物質なのです。


とのコト。

胡麻って健康に良い
イメ−ジもあるし、

香りが良くて美味しいから、
たくさん食べたいけど、

意外と高カロリーなので、
1日に大さじ一杯(6g程度)で十分。

それから粒の状態のままで食べても、
胡麻の中に含まれる様々な
栄養素はあまり吸収されないので、

健康を考えるなら
摺り胡麻や練り胡麻の方が○

ただ見た目や食感、
香ばしさなどを考えると
煎り胡麻も食べたいexclamation×2

混ぜれば良いかな(笑)

胡麻の栄養素を
シッカリ吸収する為に、

良く噛んで食べて
美味しくアンチエイジングるんるん

頑張りましょうひらめき



秦野市の産後の整体なら
秦野カイロ治療院!



posted by 秦野の整体師 at 07:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする