2014年02月19日

あきやみ?なぬかやみ?


レプトスピラ症は
近年、国内で感染する方は
激減しているようですが、

東南アジアでは現代でも流行しており、
年間数千人規模で流行する国もあるそうデス左斜め下

【川遊びやペットなどから感染、風邪と似たレプトスピラ症】

レプトスピラ症は世界中で報告されており、
日本でも昔から秋疫(あきやみ)、七日熱(なぬかやみ)、

用水病、作州熱などと呼ばれてきた。
重症化するとワイル病とも呼ばれている。

原因となる細菌は、0.01ミリほどの大きさで
らせん状のひものような形をしており、

犬、牛、豚、ネズミ、イノシシなどの
腎臓にすみ着いて増え、尿とともに排せつされる。

その尿を含んだ土や水に触れたりすると、
肌や口(粘膜)から侵入する。
特に傷がある場合に感染しやすいようだ。

国内では1,970年代前半までは
年間50人ぐらいがレプトスピラ症で死亡していたが、

今は衛生状態が良くなって、
患者数は年間20人ほどという。
なお、人から人への感染はほとんどないという。

感染すると5〜14日の潜伏期間を経て、
発熱、悪寒、筋肉痛、結膜の充血などの症状が表れる。

軽症で済むことが多いが、重症化すると黄疸や出血、
腎不全などを起こして死に至ることもある。


とのコト。

大規模な水害などが起こった後の
国を訪れる時は要注意exclamation×2

国内とは全く違う環境の海外では
ドコに危険が潜んでいるか分りませんあせあせ(飛び散る汗)

小さなキズなどがある場合は
もちろんですがキズが無くても、

素手や素足で不用意に
川や沼地等の水に入ったりせず、

野生の動物との接触も
出来るだけ避けるのが良さそうデスたらーっ(汗)

海外に出かける時は
リラックスしつつも用心深く、

無防備になり過ぎないように
楽しみましょうひらめき



秦野市の整体院。
産後の骨盤矯正もお任せ下さい!


posted by 秦野の整体師 at 21:47| 神奈川 | Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする