2014年01月29日

お酒で免疫力も上がる!?


適度なアルコールの摂取は、
動脈硬化を防ぐ効果があるといわれていて、

全く飲まない人や、大量に飲む人に比べて
死亡率も低いと言われていますが、

心臓血管系の働きを良くするだけでなく、
免疫機能にも影響を与えるようデス左斜め下

【酒は百薬の長 免疫力もアップ】

実験は、アカゲザルを使って行われました。
12匹のアカゲザルが、アルコール度数4%の
飲み物を与えられました。

アカゲザルは、ヒトに色々な面で近いと言うことから、
研究対象に選ばれたそうですが、
お酒の飲み方も、ヒトと同じように様々。

たくさん飲むサルもいれば、
ほんの少しだけ口にするサルもいました。

このサルたちに、
天然痘のワクチンを打って、その効果について、

「たくさん飲むサル」、「少し飲むサル」、
「お酒は飲まないサル」をそれぞれ検証しました。

すると、「たくさん飲むサル」は
「お酒は飲まないサル」に比べて、
ワクチンの効果が薄くなったそうです。

ところが、「少し飲むサル」は、
「お酒は飲まないサル」に比べて、
ワクチンの効果がより強く表れていました。

このことから、適量のお酒は、
免疫機能を強めるという解釈に結びついたのです。


とのコト。

関係ないけどサルにも酒好きや
下戸がいるというコトに(笑)

研究結果は酒飲みにとって
実に都合が良いモノですが、

あくまで適量を摂取した
場合なので要注意exclamation×2

ちなみに適量とは
アルコール健康医学協会によると、

ビール:中びん1本(500ml)
日本酒:1合(180ml)
焼酎:0.6合(約110ml)
ウィスキー:ダブル1杯(60ml)
ワイン:1/4本(約180ml)
缶チューハイ:1.5缶(約520ml)

と、酒好きにとっては
ちょっと物足りない量ですが(笑)

健康の為には足りないくらいが
丁度いいとのコトるんるん

お酒は節度を持って、
適量を楽しみましょうひらめき



秦野市にある骨盤矯正の整体院。

ラベル:動脈硬化
posted by 秦野の整体師 at 22:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする