2013年04月26日

動揺するなという前に動揺させないで欲しい(^_^;)


脳動脈瘤を指摘されても
慌てず恐れず慎重に検討することが重要だそうデス左斜め下

【未破裂脳動脈瘤の破裂リスクは大きさや場所などで異なる 】

脳ドックが普及してきていることなどから、
症状のない未破裂脳動脈瘤が発見される機会が増えています。

ただし未破裂脳動脈瘤は、
そのすべてが破裂するわけではなく、大きさや形、
瘤ができた場所などで異なることが明らかになっています。

積極的な治療を行うかどうかは、
その破裂リスクと、治療に伴う
合併症リスクなどを踏まえて慎重に検討すべきです。

また、禁煙や節酒など
健康的な生活を維持することも
血管の健康のために重要です。

「脳動脈瘤の中には、破裂しやすいもの、
破裂しにくいものがある。

脳ドックなどで未破裂脳動脈瘤を指摘されても
慌てることなく、破裂リスクをよく確認し、

治療に伴う合併症などのリスクと比較しながら、
治療するかどうか、またどのような治療を受けるかを決めてほしい」

「一生破裂せず、人生をともにできる脳動脈瘤もあることを知り、
脳動脈瘤を指摘されても慌てず恐れずに対応してほしい」


とのコト。

何でもかんでもスグに
「開頭手術もしくは血管内治療」というのではなく、

どの程度のリスクがあるのか熟考して
自分なりの答えを出しましょう。というコトでしょうか?

でも実際に、少しでも破裂するリスクのある
脳動脈瘤の存在を指摘されたら、

不安で一杯になり、
ストレスも相当たまりそうデスたらーっ(汗)

リスクを提示する事は簡単だけど、
問題は、その後。

ストレスが原因で病状が悪化したり、
他の病気になっては何の為の検査か分かりません。

患者さんに慌てず恐れず対応する事を
求めるのも大事なコトだと思いますが、

検査する側も相手を安心させたり、
患者さんが冷静に対処する為の

ケアテクニックを身に付けている方だけが
検査する事が出来るようなシステムになれば
イイなと思いますひらめき


秦野市の整体院。肩こり、腰痛、骨盤矯正ならお任せください!

posted by 秦野の整体師 at 23:32| 神奈川 ☀| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする