2013年04月18日

食塩減らしてカリウム増やそ(' j ')/


日本人の健康寿命を延ばす為には、
まず、減塩が必要かな左斜め下

【ゆるやかな減塩で10年後の死亡数50万件減か―米研究】

塩分の取り過ぎは高血圧を招き、
心筋梗塞や脳卒中などになるリスクを高める。

米国では心臓病が死因の第1位で、脳血管疾患も第4位、
日本では心臓病と脳血管疾患で第2、3位を占めており、

塩分を抑えることが、これらの病気を
減らす要因になると指摘されている。

今回の研究では、3つの研究グループが
それぞれ別の方法でシミュレーションを実施。

いずれのグループも同じ被験者を対象としたが、
ナトリウム摂取量を減らすことによる効果の推定には、
それぞれで異なるデータを使った。

また、ナトリウム摂取の減量については、
(1)10年後に40%減となるよう漸減(パターンA)、
(2)初めから40%減少(パターンB)、
(3)1日当たり1,500ミリグラム以下に減少(パターンC)

―の3パターンに分け、
10年間実施した場合に推定される効果を算出した。

その結果、パターンAでは推定法によってばらつきはあるものの、
10年間で死亡数が28万〜50万件減ると推定された。

また、最初から一気に減らしたパターンBとCでは、
700万〜1,200万件減少さらに大きな
死亡数の低減効果が得られたという。

日本人の1日の平均摂取量は
男性で12グラム、女性で10グラム程度。

厚生労働省は、男性で9グラム未満、
女性で7.5グラム未満に抑えるよう目標を設定しているが、

今回の研究結果を当てはめるなら、
10年間の目標値としてそれぞれ7.2グラム未満、
6グラム未満に変更した方がよさそうだ。


とのこと。

塩分を精神安定剤のように感じる方にとって
減塩は非常に難しく感じます。

しかも塩分大好きな日本人が好む
和食の基本は味噌と醤油(笑)

減塩を進める方は
「ダシの味を感じる食事に一度慣れてしまえば、
そんなにストレスを感じないで減塩が可能」と言いますが、

自炊が出来ず、外食や
加工食品ばかりの生活の方には、、、無理ー(長音記号1)

朝、6枚切りのパンに
バターを塗ったら塩分1グラムで、
おにぎりなら1個、1〜1.5グラム。

昼に野菜炒めや生姜焼き、トンカツなどを
おかずにしたら2〜3グラム程度だし、

味噌汁は一杯1.5グラムくらいで
付け合せのお新香は1グラム程。

つまり、何とか定食なるものを食べたなら
だいたい5〜6グラム程度で、

カレーやパスタ、ラーメンなどを
一杯食べても、やっぱり5〜6グラム前後。

外食や加工食品だけでは
大抵、朝と昼だけで7グラムオーバー。
夜まで辿り着けません(>_<)

カリウムを沢山摂取するという
方法もあるけど限度があるあせあせ(飛び散る汗)

だからやっぱり健康の為には
塩分を調節できる手作りが一番グッド(上向き矢印)

料理が出来ない方はこれを機会に
自炊が出来るように頑張るのもイイかもひらめき


秦野市の整体院。肩こり、腰痛、骨盤矯正

ラベル:高血圧 動脈硬化
posted by 秦野の整体師 at 21:59| 神奈川 ☀| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする