2013年04月15日

バイオ腎臓!?(' jj ')/


腎臓の作り直しexclamation&question
という感じでしょうか左斜め下

【「バイオ腎臓」、ラットへの移植に成功 米研究】

実験ではまず、ラットの腎臓を摘出し、
洗浄剤で生体細胞を除去してコラーゲンでできた
「骨組み構造」だけが残るようにし、

そしてこの構造に、人間の腎臓内の血管壁にある
内皮細胞と、新生児ラットから採取した腎細胞を付着させた。

その際に重要なポイントは、尿管をチューブとして使い、
これらの細胞を腎臓の正しい部位に「植え付ける」ことだった。

研究チームはこのようにして作成した腎臓を、
腎臓を除去した生きたラットに移植した。

新しい腎臓は血流が再開するとすぐに、
血液をろ過して尿を生成し、尿管に送り始めた。

出血や血栓などの兆候は見られなかったという。

「この技術を人間サイズの移植にまで適用できれば、
腎不全を患い、現在ドナー(臓器提供者)の
腎臓を待っている患者や移植候補になっていない患者でも、

自分自身の細胞から作成した
新しい腎臓を入手することが理論上は可能になるだろう」


とのこと。

このまま研究が進み、実現できたら
世界中でどの位の人達が
人工透析から解放されるのだろう?

拒絶反応の心配をしないで済む臓器移植。

今はまだ夢のように感じますが、
一刻も早く実現することを望みますひらめき


秦野市の整体院。肩こり、腰痛、骨盤矯正

posted by 秦野の整体師 at 22:33| 神奈川 | Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする